福祉は役割を考えることで分かってきます。

福祉は役割を考えていくことで、より具体的な行動につながっていくということがあります。
実際に言葉だけを聞いても何をすればいいのか分からないということがあります。
実際に簡単にいうと支え合うということが福祉だということになります。
それぞれが自分自身の力だけで生きていると思っても何かしらの支援を受けているといえます。
ましてや、身体に不自由な部分があったりすると自分だけの力ではなんともならない部分も出てきます。
そういう所を補い合っていこうという考え方が福祉の大前提にあります。
そういうことを下敷きにして多くの施策が実際に実施されています。
しかし、一度行ってしまえば終わりということでもないのも特徴のひとつであるといえます。
社会構造の変化によって役割も微妙に変わってきます。
それを考慮しながら変化をしていくことも大事になってきます。
それは行政だけに任せておいていいというわけでもないといえます。
ひとりひとりが考えることが大事になってきます。