福祉の役割は身近なところにあります。

福祉の役割は本当に身近なところにあるといえます。
しかし、どうしても福祉という言葉を聞いてしまうと仰々しいものを想像しがちです。
しかし、実際にはもっと身近なことから始めてみることが大切になります。
本当に困っている人を助ける気持ちを持って接するということが大切になってくるといえます。
そういう意識から全てが始まってくるということになります。
まちづくりなどはその最たるものであるといえます。
実際に多くの場所で体の不自由な人には大変な場所が存在します。
そのような場所があった時には誰かが率先して助けるという気持ちが大切になってくるといえます。
長期的に見ていくと施設の改修という選択肢があるといえます。
しかし、短期的には個人の一人一人が意識を持って動くだけで変わってくるといえます。
そういう意味でも福祉に関することをどのように周知していくかということが大切になってくるといえます。
それは多くのひとに役割をしってもらうことでもあります。